スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by ぷみまろ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無謀にもRanking参加!押してって
--:--:-- | スポンサー広告
くま犬物語 Vol.014 ~日常2~
 2006.04.17 Mon
written by ぷみまろ
時期は梅雨から初夏。
俺は夏が嫌いだ。
おねーちゃんが薄着になるのとバイクに乗っている時以外に
あの暑さのありがたさを感じない。
どちらかというと、暑さを感じるより寒さを感じる方が人間的だと思う方だ。

麿も夏は嫌いだ。
そりゃそーだ。
スイスの出身ですから。

相方(たんぽぽと君の踵)も夏は嫌いだ。
しかも、紫外線アレルギーだそうだ。

という事で必然的にクーラーの効いた部屋で3人でまったりと過ごしていた。その傾向は今も変わらないけど、陽が落ち、涼しくなる夕方に麿を連れ出し、俺達も買い物へ出掛ける。

その間、俺は相方から犬についての講義を受けていた。

・犬は飼うのでなく「暮らす」
・犬に野良は許されない
・人と一緒にいるしか犬には許されていないこと
・どんな飼い主でも、犬にとっては大好きなご主人になるということ

など、たくさんの話をしてくれた。

確かに、麿と相方の暮らし、関係性は俺が子供の頃に憧れたものだった。
そして、相方が流行やファッションで小さな犬を飼っていたのなら、
麿が麿でなければ、今の俺はなく、
多分、以前よりもっと犬を飼う人を嫌っていただろう。

いい話も、悪い話もたくさん。
何もできない人間なりに
「麿がよければいいかな」
と思ってしまった。
まず、目の前のコを大事に。
それから始めなければ、どこへも行けない。

そういえば、この頃から麿は、
3人で出掛けたがるようになった。
気を抜いた俺達の隙をぬい、
麿は部屋から逃亡し、マンションの出口まで走り抜けた。

しぶしぶ車に乗せたこともあった。
微かではあるが麿の自己主張が始まっていた。
そふぁ


なんかタイトルと内容あってねーなー
次回へ続く!

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
20:24:37 | くま犬物語
晴れた日は
 2006.04.17 Mon
written by ぷみまろ
「晴れた日は学校を休んで」(著:西原りえこ氏)
という漫画がある。
いいタイトルだ。
ということで、本日は臨時休業致しました。

夕べの時点からバックレ・・・、
もとい、体調不良の気があり、
相方(たんぽぽと君の踵)には、
「えっ、どーせ休むんでしょ」
と言われていたのだった。

まぁ、それはいい。
ちょっと睡眠が足らな過ぎた。
昼寝

それでもポテトの為に起き、
相方がご飯や、お部屋(ゲージ)の掃除をしている間、
ポテトと遊び、そしてまた寝る。
その繰り返しだった。

にしてもポテト。
お前、懲りないなぁー。
俺に怒られても、
相方に怒られても、
麿に怒られても、

「あたし、へっちゃらピー!」

と走り回っている。
麿に噛み付こう(じゃれて)とするし、
昨日からパワーアップして、指に噛み付いて首を振るす。
こっちは痛いのよ。
遊び疲れて、今日はよく寝てるけど。
未知の生命体


気候も良く、今日は、ほんとに寝まくりました。
まだ寝たりないけど(笑)
気候のせいか、昨日より麿の吠え具合が少ない。
麿が、以前のように俺の袖をくわえてクッションの所に誘導しようとする仕草も戻ってきた。
ポテトが来て崩れた、麿のテンポも少しずつ戻って来たのかな?

今、気付いたら相方と麿に散歩を置いていかれました。。。
留守番です。
むー。


お尻2つ

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
19:54:45 | くま犬
くま犬物語 Vol.013 ~日常~
 2006.04.17 Mon
written by ぷみまろ
金曜日の夜、相方(たんぽぽと君の踵)の部屋に行き、
月曜日、そのまま仕事へ向かう。
平日はTDL側の街で過ごす。
そういう風になっていった。

不思議なもので、金曜日の夜は出来るだけ早く帰ろうと意識的にしていたし、誘いはほぼ断る。
どうしても付き合っても1次会で帰るようになってしまった。

「麿が待っている」

そう思うと、気が気でなかった。

平日、相方と電話で話していると
「寂しそうだ」「まだ来ないのか?」等、
麿の様子をつぶさに教えてくれる。

どうも麿は、金曜日になると玄関前でスタンばっているらしい。
そう聞くと、飛んでいかない訳にゃいけない。

俺が着くと、喜んでステップを踏む。
着替えるのを尻をプリプリしながら待ち、
俺がソファに座ると、俺の横に飛んで来るようになっていたのだ。

うい奴よのぉ~~

別に麿になにをする訳でもないのに喜んでくれる。
いるだけで笑ってくれるというのは嬉しいものだ。

はじめは分からなかった麿の表情も分かるようになってきた。
笑っていたり、
怒られてヘコんでみたり、
面白い生き物だなぁと。

相方から犬についての様々な話を聞き、
次第に洗脳されはじめていくのであった。
おすましぃ



次回へ続く・・・

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
00:15:16 | くま犬物語
接近
 2006.04.16 Sun
written by ぷみまろ
話は前後するが、
麿がリビングで伸び伸びゴロゴロするようになった。
ポテトが近くを来ると怒るが、
かなり近づいている。
すぐ麿は顔を背けるが、こんな光景が頻発するようになった。
接近


あと一息!

ん、おい、麿。
何故、吠える?
吠えるなよ、唸ってもいいから。。。

まぁ、怪獣だからな、ポテトは。

俺が横になっていると
髪の毛を引っ張り出した。
相方(たんぽぽと君の踵)は大喜びで、
「そのまま!」
とデジカメで写真を撮る。
髪の毛を引っ張るポテト

あのー、結構、痛いんですが。

なんだかんだで、ポテトは麿のしているとこを見ているのか、
性格が似ているのか、
飯時は、

飯くれよ~


ご飯ちょーだい


と相方を待っております。

麿、ポテト、俺はお前達のおもちゃなのか?
撫でマシーンなのか?
一人にすんなよ。

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
21:52:18 | くま犬
痴話喧嘩
 2006.04.16 Sun
written by ぷみまろ
家の電子レンジがお亡くなりはや数日。
相方(たんぽぽと君の踵)が痺れを切らし、レンジを購入することに。
お弁当が作れなかったり、
パンが焼けなかったり、
とっても不便なのだ。

で、購入して帰宅。
俺が先に部屋に入ると麿が飛びついて来た。
いつもの事と言えば、いつもの事だが、
今日は酷過ぎた。

久しぶりに麿を思い切り怒る。
さすがに俺が怒っている時、麿は、遠目で俺を見て、
怒りが収まるのを待つ。

が、今日はそれもなく、
外出中にしていたポテトのうん●を片付けるために、
ポテトを部屋(ゲージ)から出すと、
ポテトが近づく度に吠える、吠える。

これにもまた俺は怒る。
相方も、ついにバークフリー(吠えると高音または高周波がでる機械)をリビングに設置。

麿に不満があって吠えたりするのは分かるのだけど、
麿には俺も相方もちゃんとお話をしているのだ。

ワンコに話をしてどーする?
とお思いかもしれないけど、
麿は話をすると分かるのだ。
(信じない方はそれでいいですが)

例えば、遊びに行くのと仕事に行くのと、
コンビニに買い物に行くのをちゃんと判断する。
「すぐ戻るからね」
と本当にコンビニの時は、大人しく待ってくれる。

俺が二日間、家をあけなきゃいけなかった時、
「二つ寝たら帰ってくるから」
と言うと、麿は騒ぎもせず待っていたという。
仕事で遅くなる時など、大変だと相方は言っていたのにだ。

ということで、麿は状況を把握する事も、
俺達が伝えたい事を理解する能力がある。

だから、俺は麿に甘いし、
力で制御したり、暴力で制すことなんてしないのだ。
俺も麿の言う事を聞くし、お互い様だし、
お互いの我が儘を認めてこれまでやって来たのだから。

この状態で散歩に出掛けた。
久しぶりに楽しくない散歩だった。
俺は麿に号令をかけた。
「ウェイト」「シット」「OK」
を繰り返し。
麿も楽しくなっかっただろう。
ご機嫌ななめ


出る前にご機嫌斜めになっている俺への相方の冗談にもムカついていた。
「麿が本当の娘じゃないからって・・・」
その通りだから、じゃ、麿の相手も
何もかんも、止めて、ポテトの世話だけにしようと思ってしまう。
イラついている時や怒っている時に
言っちゃいけない言葉だな・・・。

怒っていた理由は、幾らペット可のマンションだって、
躾けの出来ていないワンコを許容することは出来ないだろう。
そして大型犬だからという理由を付けられるのも嫌だった。
麿、ポテト、相方と4人で楽しく暮らすために必要なのだ。

麿、ポテトに怒ってもいいから、吠えんなよ。

かなり麿がヘコんでいるので、
俺も大人気なかったので、頭が冷えた所で麿と仲直りをした。
まぁ、俺が一方的に怒っていただけだけど。

足元


で、麿は足元でいつものように待ってくれている。

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
21:16:00 | くま犬
カフェにて
 2006.04.15 Sat
written by ぷみまろ
ポテトの事でストレスを溜めてる麿のために
サービスを行うことにした。

似たような事を相方(たんぽぽと君の踵)書いているので、
そちらでもお楽しみくださいませ。


この記事です(クリック!)


・・・、
・・・・・・・・・・、
・・・・・・。

だめじゃんって。。。
んな事言われても・・・。

まぁ、気分を取り直して。
こんなカフェなのです。
カフェ

ワンコが入れる箇所は限られているけど、
S市にはワンコと行ける場所、遊び場がなく、
出来てくれて重宝しています。
よく利用しているのです。

今日は、麿にポテトボールを。
俺達はフレンチトーストを。

まぁ、だいたい相方の主張のとおり、
『俺が麿の躾けを崩した!!』
認めよう。
あぁ、そうさ、甘やかすさ。
大甘さ。

でも、相方が買い物に行き、席を外すと
忠犬麿公に早変わり。

椅子の下


俺の椅子の下に潜り、ずっと窓を見続ける。
待つ。
ひたすら待つ。

麿が動き出し、
「まだ、来ないよ」
と言ったあと、
窓中に相方の姿がフレームイン。
凄いね。

まぁ、多少、お行儀悪くなってるけど、
いいコには変わりない(俺にとってね)

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
23:49:02 | くま犬
安上がりな奴ら
 2006.04.15 Sat
written by ぷみまろ
麿はスリッパとか広告とか
ダンボールの切れ端が好きだ。
あげると、千切っては投げ捨てる。

当然、片付けなんてしやしねー。
俺と相方(たんぽぽと君の踵)
がその残骸を広い集めてゴミ箱へ捨てることになるわけで。。。

本日はトイレットペッパーの芯をあげてみました。
千切っては投げ(麿)


熱中しております。
気が済むまで止めません。

ん?
その横かヒョコヒョコと・・・、

千切っては投げ(ぽてと)


「お前もかい!」

おもちゃ買って来てあげてるではないですか~~。

両端から「クチャクチャ・・・」

千切っては投げ


お前ら、似てるよ。。。
次はスリッパを片方づつか?

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
21:05:00 | くま犬
くま犬物語 Vol.012 ~癒し~
 2006.04.15 Sat
written by ぷみまろ
セラピーである。
相方(たんぽぽと君の踵)の話では、近年、ワンコでその系統の方達の治療をし、効果をあげているらしい。
ようは、無条件に「自分」を信じて、頼ってくれる対象がいて、
必ず、世話をしてあげなければ弱ってしまう存在だから、
無理してでも世話をする事で癒され、
社会生活のリハビリとなり、
治癒されるということらしい。
(ざっくり説明ですまんのぉー)

こういう前フリがあるという事は、どういうことか、
賢明な皆様なら既にお分かりだと思うが、
相方(たんぽぽと君の踵)と麿に出会う前、出会ってから暫く、
俺は、頭と心が壊れかけた人間だったという事なのです。

以前、書いたように
「俺は麿の世話はしないから」
の台詞の後には、
「自分の面倒も見れないのに、責任持てない」
という言葉だったのです。

そりゃ、そうだ。
いい歳こいて、電気やガスの支払い出来なくて止められるわ、
部屋はゴミだらけだわ、
仕事はしょっちゅうバックレルわで、
「俺が社会人として働いている事を認めてくれ」
なんて甘えた事を言っていた人間ですから。
(ちなみに夏場に電気を止められると冷蔵庫が凄い事になります)

その頃は、当然、誰かと一緒にいられると思ってもなかったし、
おおげさだけど、自分がまっとうに生きて行けるか疑問視するどころか、
そのまっとうに生きる気すら持ち合わせていなかった。
あぁ、人生後ろ向き。

で、まぁ、相方と会って、
多少、そういう傾向が和らいで行き、
麿に会った訳だが。。。

相方は、俺の「世話しない」という言葉を受け、
俺がいる時はわざとトイレシートを替えなかったり、
ご飯を俺からあげるようにお願いしたりしていた。
後から聞いたが、

「口だけで、絶対世話すると思ってたから」
だそうだ。
さすがだ。。。
その目論み通り、俺は率先して麿の世話をしてたのだから。

俺は、薬を飲むのを止め、
それまで眠れなかったのが次第に眠れるようになった。
食事を摂りモドすこともなくなっていった。
麿と会って一月後の話だ。

薬に依存する必要がなくなったが、
相方と麿には依存するようになった。
横に麿が寝ていないと上手く寝れないのだ。

困ったもんだ。

「ペットロス一直線!」
相方はいつもそう言う。


なでにこ~い

こんなかわいいから仕方ないよな。


次回へ続く(ちゃんとした(?)麿の話しますんで。。。)

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
20:15:58 | くま犬物語
じょわっち!
 2006.04.15 Sat
written by ぷみまろ
ててててぇ~~~ん♪
てててて~~ん♪
ててて~ん♪
ずんっ ちゃっ♪
ずんずんずんずんずんずんずん・・・


むねぇ~~~~えに
つけーてるマークは
うりとりまん



すいす十字
ぽてとりまん(女のコだけどね)



つまらんネタですまん!

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
19:07:16 | Trash!
父ちゃん悩む!
 2006.04.15 Sat
written by ぷみまろ
さすが睡眠不足だ。。。
相方(たんぽぽと君の踵)は今日はいない。
当直ってやつに行っている。
俺よりハードだ。
俺と麿とポテトの面倒をみているのだから・・・。

昨夜、麿がポテトに本気で怒り飛びかかろうとした。

んーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
悩むぜ。
麿にストレスを与えないようにと思っていたけど、
やっぱり、いるだけでストレスなのかな?
足をしきりに舐め始めている。
それもあり、今日一日、俺だけで二人を相手にできるのか。。。

しかし、頑張らねばならない。
今日は、できるだけ麿との時間を作るようにしようと思った。

ポテトは、自分の部屋(ゲージ)にいる分にはトイレを失敗しないようになってきた。
だが、遊び始めると漏らしても遊んでいる。
それがなければもっと楽なのに。
ノーリードで散歩できる麿の賢さを見習って欲しいものだ。

麿は、ポテトがピョコピョコ飛ぶように移動するのが気に入らないらしく、それをやると吠えてしまう。
だけど、昨日よりポテトを嗅ぐ回数も増え、
普段のように自分のクッションで落ち着いている時間も増えた。

ブーーーーー!!


興味はあるが、まだ譲歩できないらしい。
ちょっと嗅がせる


電話で相方と話をすると、
明日はドッグカフェにでも連れ出そうということになった。
ストレス解消してやらねば。

しかし、ポテト。
でかくなってきているようだ。
部屋の中にいると囚人さながら、
「出せ~~~~!」
と騒いでいる。
ガン無視だけど。
ほんと、麿の次に可愛い奴だ。

寝ている時も、ヘソてんでゴロゴロと
臍天


ポテトも制約なしで遊ばせてやりたいのだが、
やはり躾けがきちんとしてないとなぁ。。。

ということで、なんとか相方のいない夜は無事終わりそうだ。

朝6時に起きてポテトにご飯!
ダラダラと寝たいというのが本音だが、
ポテトにひもじい思いをさせる訳にゃぁいかねーぜ!

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
00:01:39 | くま犬
待ち受け画像にどう?
 2006.04.13 Thu
written by ぷみまろ
気が付くと麿に抱えられて寝ていた。
昨晩、一度降りたはずなのに。。。
上がって来たのに気付かなかった。
相方(たんぽぽと君の踵)
「いつ上がってきた?」
と気付かなかったらしい。
イメージ図


今日もポテトの雄叫びで起きたが、
うん●をしていないのを確認すると再び麿と寝てしまった。
心の中で相方に悪いと思いつつ。。。
その相方、俺がちゃんと起きれるのか心配したようで、
俺が起きる時間に合わせて目覚まし時計をセットして仕事へ向かったのだった。

日に日にポテトのやんちゃぶりが増して行く。
ウ●コやシッコよりも遊ぶことを選ぶ。
俺は完全に遊び相手なのか、
やたらとハムハムしたり、膝によじ上り
「アンガァー」
とやってくる。
デジカメにも興味をしめし、
「あんがー」
あんがー

と襲ってくる。
おまけにストラップをくわえ、綱引きだし。。。
綱引き


元気で何よりだが、トイレ失敗し過ぎるぞ!!

麿は俺がポテトと遊ぶ時間を作っているのを分かっているのか、
ポテトの相手をジッと見つめている。
逆にそれが心に突き刺さるが。。。

でも、昨日あたりから、
右手にポテト
左手に麿
(ちなみに、沢田研二の「サムライ」ご存知?
 沢田研二のベストアルバムってあんのかなぁー。
 あったら欲しいです、とても。
 情報求む!!
 とーとつですまん!)
というのが出来るようになってきた。
麿も仕方なしだろうが、存在は認めたのかな?

相方が仕事で遅いので、携帯で撮ったポテトを送っている。
ダッシュで帰ってくるかなぁ?
ちなみにこれ。

ポテ


かわいっしょー、
これも

ぽて


でも、携帯の待ち受けは麿なのよ♪
さて、麿にもポテトにもご飯をあげたからいいけど、
自分の飯はどうすべかな~。

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
21:50:56 | くま犬
トーテムポール
 2006.04.13 Thu
written by ぷみまろ
麿は、大事な物を顎の下に置く。
そして自分のベットの下にも隠す。

相方(たんぽぽと君の踵)
「最近、靴下がないんだよね~」
等と、洗濯後一対にならない靴下群を見て呟く。

その数日後、
「靴下、麿のベット下から発掘されました。奴が隠してた」
となる訳で、当然、
「あちこちで脱ぐな!麿に靴下脱ぐの手伝わすな!」
となる。

他のワンコ(犬種)はどうだか分からないが、
どうもバーニーズマウンテンドッグという生命体は、
顎を載せたがるらしい。
ポテトもちっこいくせに顎のせをかます。

膝の上、
ベットの端、
大事なものは特に。


ということでコレは一番大事!
顎載せ

そうだよなー。
ご飯作ってくれるもんなぁー。

「枕にすんなよッ!」
とは相方。

まぁ、確かに。。。。
俺も例外ではない訳で、
トーテムポール

ええ、のっけられてます。
ちなみに携帯画像なのでちっこいです。
待ち受け画像としてどうぞ。

まぁ、麿の愛情表現だからなー

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
21:14:43 | くま犬
本ダシ
 2006.04.12 Wed
written by ぷみまろ
ブーツが好きで、普段は殆どブーツばかり履いている。
スニーカーを一時期一足も持っていなかったし、
スニーカーが高騰していた時期なんて、
んな履き潰すもんにン万円もはたく神経が信じられなかった。

仕事に行ってもサンダルとかに履き替えないし、
スニーカーばかり履くと、
確かに足へのダメージは減るが確実に足が太る。
女性のヒールのようなもんかも。

しかし、俺自身は何年も自分をやっているから平気だが・・・、

「なに?この臭い。臭い!!」

少年の心を傷つける一言だった。
相方(たんぽぽと君の踵)は、すぐに俺を睨み、
「洗って来なさい!」
と。
特に夏場でブーツを履き続けると、
なかなかいい香りがする俺の足。
しかし、相方だけがご立腹。
麿なんて、嬉しそうにその俺の足を舐めてくれる。
その後、俺とチューしてくれる。

ん・・・・?
それは、嫌だな。。。。。。

という事で、コイツも例外ではないようだ。
ダシ効いてるよ

俺に近づくと、必ず足や手をハムハムする。
ハムハム

いいダシが俺から出るようだ。

そういえば、俺はよくワンコに舐められる。
ペンションでも、明後日を向いているといきなりペロリンと。
いいダシ出してるのかもしれない。

余談だが、俺の鼻の毛穴からはアブラが吹き出す。
鼻パックをすると凄いことになる。
相方はムーミンに出て来る「ニョロニョロ」のようだと時折、俺の顔で遊んでいる。
というか、そんなんで遊ぶ相方のアホぶりが、
あぁ、俺と一緒にいられるんだからなぁと妙に納得してしまう。

ポテトはどうやら家族の輪の中に入りたいらしく、
俺や相方、迷惑がる麿を次々に追い回す。

麿%ぽてと

昨日より若干、麿がポテトと同じ空間にいる時間が長くなっている。
ポテトはポテトで次第に調子にのり動き回る。
ピョコピョコと。
今は疲れて寝ていやがるが。

しかし、ポテトは小さくてもバーニーズなんだなぁと思う。
ひっつきたがるし、後を付け回るしで。

昨日も書いたが、麿に不自由にさせている分、
かなり麿にあまあまになっている。
ここのところずっと一緒にベットで寝ている。
撫でる時間や一緒にリビングでコロコロできないかわりにと。

相方は昨日、麿がポテトのおもちゃを気に入ったのを見て、
帰りに麿におもちゃを買ってきていた。
そして、俺が帰る頃にはそのおもちゃは壊れていた(笑)
お気に入り


ちょっとポテトが調子こいている感があり、
麿を本気で怒らせないか心配だけど、
もすこしポテトが大きくなったら、思い切り麿に怒られるのもいいかも。

まぁ、二人とも可愛いのにかわりはない。

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
22:35:25 | くま犬
くま犬物語 Vol.011 ~二人ぽっち3~
 2006.04.11 Tue
written by ぷみまろ
しかし、他人の部屋というのは手持ちぶさたである。
麿と一緒にTVを見るしかないのだ。

9時頃、仕事の合間を縫い、相方(たんぽぽと君の踵)が電話をかけてきた。
『麿どう?寂しがってない?』
「いや」
『寂しがってない?』
「全然」
『・・・・』
「・・・」
『なんだよぉ~!』
そんな事は知らない。
とりあえず、報告をし、電話で時間が潰れて行く。
どうも、相方は寂しがっているのを期待しているようだ。

そして就寝。
本当は麿と一緒にベットで寝たかったのだが、
俺の部屋ではないし、
区別がつかなくなると教えられていたので我慢した。

翌日、俺は麿を置いて相方の部屋を去った。
無事終わった。。。
しかし、この時、事件は起きていた。

当時住んでいた部屋に帰り、相方へ電話をかけると、
「あのさぁ、トイレシート裏表逆だったよ」
と。
なんですと?
裏表って、知らんがな、おっちゃん知らんがな。
「オシッコ水たまりになって麿困ってたよ~」

OH MY GOD!!
ごめんよ、麿。
俺がトイレシートの裏表を知らないばかりに苦労をかけて。
もう表裏を間違わない。
お前に誓うさっ。

なんか、麿なんて眼中になかったくせに、
麿に嫌われないかなぁ、とふと頭を過るのであった。
へそだし


でも、相方の話では、帰って来た相方を嬉しそうに出迎え、
俺が来ていた事を報告したそうだ。
相方も安心したようだった。

それからは、時折二人になっても、問題はなく、
俺は、相方がやるように車の通りがなくなった道で
麿とノーリードで歩くようなり、
麿も俺の後を付いて来たり、待ってくれたり。
ベットには一緒に寝られないけど、
相方のいない時間を二人なりに楽しんでいた。

でも今はベットで一緒に寝まくりですわ。
毛がすごいですわよ。


次回へ続く!

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
21:54:12 | くま犬物語
子育て1年生
 2006.04.11 Tue
written by ぷみまろ
よく考えると、
俺にとっての麿の立場は非常に微妙だ。
なんか陽の当たらない愛人のようになっている。
相方(たんぽぽと君の踵)は本妻で(「で」というより、そうなんですが、感覚的にそういうのが欠けているので。。。)
麿は愛人?
本妻に子が出来、分かっちゃいるが気分が悪いとう具合でしょうか。

本日も「ワァ~~~ン」で起きました。
はい。
麿もなんかおかしいで、と教えてくれる。

<途中略>

で昼休み、我が家へ。
麿が喜んで出迎えてくれた。
で、やっぱりウン●。
まみれてなかったので片付けました。
俺はポテト(視認性悪いので「ぽてと」はやめます。でも本名は「ぽてと」なのです)のご飯を作る。
撫でまくり、麿にビスケットと牛乳をあげて、ポテトにご飯を。
これが食べますね。
それ以上に遊びたがりです。

姿が見えないと大人しいのか、
ポテトは、声や姿が見えると泣き落としで気を引こうとします。
でも、そう簡単には俺は落ちません。
麿の泣き落としには弱いですが。。。

水とトイレを替え再びお仕事。

しかし、ポテトはウン●をする時はシートの上でするようになり、
少しずつ「ノー」「ウェイト」を覚え始めた様子。
うんうん、賢い子だよぉ~(親バカ)

時間は過ぎ、夜。
諸々省略!

麿の相手が出来ない事がとても嫌だったので、
小雨の中、散歩を決行!
麿のステップが軽やか。
嬉しそうで何より。

散歩から戻るとポテトの様子が気になり、一目散で駆けつけたくせに、
見えない壁

端っこにいっちゃいます。
そりゃぁね、ここは麿のお家で、何処も麿の居場所なのに
ポテトの為にリビングを模様替えしちゃったから、
スネるよな。。。

ぽてとの部屋

こんな風に、部屋の半分を占拠。
ゲージも二つ繋げ(二つも買ったさ)
ゆったりスペース(ポテト・スペシャル)
なもんさ。

それでも、日に日に麿もポテトに近づいたりしている。
よく、怒るけどね。
くさっ!


とりあえず、シッコをシートにするのを覚えるポテト!
what?


いつもより画像多めでお送りしました。

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
21:35:32 | くま犬
本領発揮!?
 2006.04.10 Mon
written by ぷみまろ
遠吠えで目が覚める。
昨日はこれで、ぽてとのゲージの中がウ●コ一杯だった。
(このBlog最近、「ウン●」が必ず出て来るなぁ。
 発想が小学生並か?)
本日も、香ばしい香りのするのが一発あったぜ!

とにもかくにも、ぽてとは寂しくなると俺と相方(たんぽぽと君の踵)を呼ぶ為に遠吠えするらしい。。。
無駄吠えはしないんだけどなぁ。

ぽてとを嫌っている麿も、本来からの優しさを発揮し、
こういう時だけは、
「なんかヘンだでよ、起きて見に行けや」
と起こしてくれる。
(単に悪臭が嫌という話もある)

そんなんで清々しい目覚めだった。
本日はお仕事、相方は育児休暇を一日。
あぁ、仕事になんて行きたくなかった。

という事で、昼休みにお家に帰ってくる。
おいおいおい!
まぁ、なんと仕事場がチャリで5分かからないんだなぁ(笑)
ということで、明日から相方も仕事なので、
昼の過ごし方の練習なのだ。
相変わらず麿の熱烈お迎えにKissで応え、
相方とぽてとに挨拶をする。

ご飯をあげ、少し遊び、再び仕事へ!
にしても、ぽてとは既に麿一家を家族として思ってくれているらしい。
この上なく嬉しいことだ。

ということで、20時頃帰宅。
麿にただいまのkissをする。
なんだかんだで、相方がトイレの躾け等、頑張っていたみたいだ。
体も昨日より大きくなり、
やんちゃぶりが顔を出してきた。

ぽてとだで


麿はやはりぽてとが嫌いみたいだ。
でも、昨日よりは近づいている。
ぽてとにばかり、どうしても目をやってしまい、麿への意識が低くなることに胸が痛くなる。
ぽてとが来て、尚更、麿の可愛さが増しているのに。

俺がBlogを書いていると
いや~~~ん

足元にぺったりと、テーブルの下で待ってくれる。
普通のことなんだが、
ぽてとは麿のようになってくれるのだろうか?

なって欲しいなぁ。

今日は雨が降り散歩に行けないのが残念だ。

明日から二人とも本格的に日常モードに入るから、
色々と少し心配だ。
ライブカメラなんて設置したら仕事にならんし。。。

日に日にぽてとも可愛さを増してしまう。
麿にとっては、俺は彼氏だろうけど、
ぽてとにとっては「父ちゃん」なんだろうなぁー。
ちょい微妙。

それ何?

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
22:53:36 | くま犬
くま犬物語 Vol.010 ~二人ぽっち2~
 2006.04.10 Mon
written by ぷみまろ
部屋に入ると麿は尾っぽをプリプリさせながら迎えてくれた。
俺が部屋の中に進むと後を追って来る。

おや?
相方(たんぽぽと君の踵)がいないのにいいのかい?
というか探さないのか?

「ちょっと待ってて」
と俺は着替えを済まし、陽が完全に落ちないうちに散歩に出掛ける準備をした。
リードは靴箱。
ビニール袋は持った。
後は。。。。。
まぁ、大丈夫か。

麿の瞳が
「行くの?行くのね?散歩へ」
とキラキラしている。
んーーーーーーーーーーーー、
君、いいのか?
見知らぬおっさんと二人で散歩なんだで?

とにかく、麿にリードをして外へ。
バニのパワーを俺もパワーで引っ張るのだ。
何度か三人で歩いた道。
隣の駐車場でいつものウン●。
そして、住宅街をテケテケと歩く。

相変わらず麿は臭いを嗅いだり、止まったり引っ張ったりと
散歩をエンジョイしている。
俺と歩いても楽しいのかね。

この時の散歩道は、今は開発が進み、もう同じ道はない。
相方はこの時のことを考えると
「アスファルトの上なんかで散歩させてた・・・」
と悲しそうに言う。
それがあったから麿に会えたと何時も俺は言うが、
やっぱり、銀座等で真夏に犬を散歩させている無神経さを見ると
相方の罪の念が少しだけ分かったような気がした。

時折俺は、麿に
「ウェイト」
と号令をかける。
麿の正式な号令は英語だ。
麿は止まってくれる。
部屋の中では俺の号令を聞いてくれるが、
外で聞いてくれるとわ。
少し感動だ。

車に気をつけ、散歩から帰ってくる頃には陽が落ちていた。
部屋に戻り、ご飯をあげ、
麿と二人、ソファに座りTVを眺める。
当然、俺の手は麿の頬をムニュムニュしていたのだ。


次回へ続く!


「パンツ見えてますよ」
「いや~ン」

ふたり

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
21:22:42 | くま犬物語
くま犬物語 Vol.009 ~二人ぽっち1~
 2006.04.09 Sun
written by ぷみまろ
相方(たんぽぽと君の踵)には悩みがあった。
それは、仕事上部屋をどうしても空けてしまう日があるということだ。
その度、相方は友人の家に麿を預けたり、仕事の合間を縫って麿のご飯と散歩のために時間を作っていたりしていたそうだ。

で、俺の出番だ。
その時は、まだ相方も遠慮し、「お願い」とは言わなかった。
逆に俺が怒った程だった。
怒った理由は二つ

1、他の奴に頼んでなんで俺に言わない
2、他のやつより麿は俺といたほうがいいに決まっている!

2は若干思い込みがある訳で、実際麿にとってはどうでも良かったのかもしれない。

そして運命の日が来る。
俺は麿が心配で心配で遅くなってはいけないと思い、
定時で仕事を切り上げ、ダッシュで電車に乗る。
相方の部屋まで1時間弱。

麿はどんな反応を示すのだろうか?
散歩の途中で相方を探して走り出さないだろうか?
麿は嫌がらないだろうか?
色々と考えてしまう。
それとは別に、相方のように麿の世話ができるのか?
という基本問題もあった。

コンビニに寄り自分の食料を買い、
いざ相方の部屋へ!

初の二人ぽっち。
犬と一緒に本当の意味で過ごす時間が始まる。

ごめんね、まろちーぬ


続きはまた今度!
子育ては疲れるぜ!!

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
22:25:01 | くま犬物語
弾丸特急!
 2006.04.09 Sun
written by ぷみまろ
仕事がヤマ場を迎えてしまい、殆ど寝てない。
ヤマは過ぎたがヘロヘロ。
相方(たんぽぽと君の踵)も同様。
なのに土曜日(2006年4月8日)に急に京都へと行く事になった。
しかも日帰り。
おいおいおいおいおい!

泥のように眠っていたのに無理矢理目覚ましで起きる。
が、いつものように既に寝坊(笑)
身嗜み(寝癖)を整え、麿に「仕事」と嘘をつき(バレバレ)、S市より東京駅へ向かう。
この時点で二人とも元気ゼロ。
ローテンション。
正直、何が楽しくて京都へ日帰りに行くのか、後悔と疑問が頭を交錯しているのだ。

駅弁(最近は美味いね)
駅弁

を食べ、新幹線の中で寝る。
が、シートが体にあわず、ウトウト状態。
2時間半我慢し、ついに京都。

久しぶりの京都も見物もできないと腹を決めているので浮き足立たない。
最寄り駅まで地下鉄で行ったところで、とある方へ電話。
1分後迎えに来てくれるという。

その方はバーニーズマウンテンドッグのブリーダーをされている方で、
今回、コバニを譲って頂くことになっている。
どの仔にするかを選ぶためにはるばる来たぜ鮭茶漬け(ふるっ!)

初対面、顔も知らない、さて、どうやってお互いを判別するのでしょうか?
正解は相方レーダーなのです。
相方のレーダーは正確無比。
たまにしか作動しないけど、すばらしい特性を持っている。
とある車が目の前を通り過ぎ、
「あれ」
というと、確かに車にバニのステッカー。
流石です。
(あ、これは信じなくてもいいけど、こういう勘の鋭い人も世の中はいるという事です)

挨拶をし、コバニの元へ。

実は、俺達だけじゃなく、2家族、コバニを迎えに来ているそうだ。
内容は端折るが、骨格の話、ご飯の話、サプリの話、ショードッグの話など、丁寧に教えて頂いた。
今回我が家に来るコバニの叔父さんや、おじいちゃんにも会わせて貰い、みんな素晴らしく大らかで、しっかりとしたバニちゃんでとても安心した次第。

「それでは」という事で、ついにコバニ達と対面。
実は先に写真を送って頂き、どの仔を迎えるかの候補は伝えてあった。
当然、最終決定は会ってからだし、ブリーダーさんは、ブリーダーさんで「オススメしたい仔」がいるとのことだった。
オススメされた仔は確かに教えて頂いたような、ショードッグにするには問題なく、しっかりした骨格の仔だった。
けれど、皆で遊んでいる様子を見ていると写真で見た仔がやはり一番気になった。
俺に挨拶にも来てくれた。
残念がるブリーダーさんに謝り倒し、結局、写真で見た仔を我が家へ迎え入れることにした。

(首しめている訳ではないよ)
対面


さて、ここで問題。
実は会って選ぶだけだったのに、連れて帰ることにしたのだ。
用意は全然していない(笑)
ブリーダーさんに手配して貰い、キャリーとかを準備して頂いた。
ありがとうございます!
とても熱心親切で、いろいろ教えて頂いた他、サプリや薬類も準備して頂いた。

さて、連れて帰る新幹線の中、泣く事を心配していたが、
根性座っているのか、泣かなかった。
ただ、新横浜でウ●コした。
。。。。。
大変だった。

簡単に言うが、
「俺、ウン●まみれ」

お気に入りのコートに茶色い模様がついたさ(笑)

なんとかかんとか家まで辿り着き、
こちらも何も準備してなかったから、ドタバタと用意をし、
コバニをなんとか迎えたのだった。

あぁ、育児ノイローゼー。
おやすみ


夜中、何度も起こされました。
けど、夜泣きではなく、うんこしたと教えてくれました。

君、今日から「ぽてと」です。
うちの家族です。
俺とたんぽぽと麿とぽてとの4人暮らしです。
我が家の第一家訓は
「デブ禁止」
以上!


(もっと、もっと、細かく書けば面白過ぎるネタなんですが、概略で勘弁してくださいな)

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
17:15:43 | くま犬
『芋』と書いて・・・
 2006.04.09 Sun
written by ぷみまろ
「本気」と書いて「マジ」と読む。
「海」と書いて「まりん」とか。
当字の例は様々あり、こういうネタも使い古されている。

がしか~~~~~~し!
『芋』と書いて『ぽてと』
と読む。

バニ好きには地上最強、最悪の小悪魔降臨!
こいつ↓
ぽてと

デストロイヤー・ジ・コバニ。

名前は書いたように「芋(ぽてと)」
由来は特にない。
しいてあげれば響きが良かったから?

昨日から我が家の一員になった。
当然ならが、それは俺と相方(たんぽぽと君の踵)の一方的な我が儘でお母さん、兄弟から離された。その分、楽しく、幸せに暮らしていけるようにしてやりたい!
が、正直寝不足(笑)
かわいい顔してウ●コくせーぜ!

昨日からの一連のことは書く事山盛りだぁあ!!

とにもかくにも3人家族から4人家族へ。
一人だけ納得してない奴がいる・・・・・。

ぽてとは、既にウン●の処理をしている相方を目で追い「おかぁ~ぢゃ~ん」となっているが、麿は。。。

ガン無視!
でした最初は。
次に臭いから近寄らない。
俺がぽてとの面倒を見ると、不機嫌になってしまう。

「君の妹なんだよ!助けてくれよ~~~」

ということで、ぽてとは麿と遊びたがっているのに、
無理


という状態です。

昨日からのお話も頑張って書こう!!

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
11:33:57 | くま犬
くま犬物語 Vol.008 ~タブー2~
 2006.04.05 Wed
written by ぷみまろ
麿に勝手に食べ物をあげなかったのは他にも理由がある。
麿は、アレルギー持ちだった。

牛はNGとか色々とあり相方(たんぽぽと君の踵)は血液検査をした結果を部屋のコルクボードに貼付けていた。
その結果の用紙は今も寝室のコルクボードに貼られている。
もう、意識することなく麿にあげていいかの判断はつくが、
何をあげていいのかさえ、その時は手探りでもあった。

「これ大丈夫かな?」
と俺達の食べるものを羨ましそうに見つめる麿に
相方は
「ちびっとだけだよ」
とあげていた。
本当なら同じ物を同じテーブルで食べたい。
三人共思っていただろう。

ただ、区別をつけるためにも、そういうことは殆どしなかった。

麿のご飯はアレルギー用のものだったし、
その頃は口の周りが赤くなり毛も抜け落ちているような感じだった。

実は俺もアレルギーを持っている。
俺の場合はビールだ。
普段から酒は飲まない。
飲まなければ飲まないで別に苦しくもないが、
無理にでも飲むと、微熱を出し、あまり楽しい感じがしない。

九州出身の方にしこたまビールを飲まされた後、
某沿線の車両の『じゃばら』で我慢が出来ずリバースした。
あと1駅で乗り換え駅だったのに。。。
この話を俺は誇らしげに相方に話した
「他の客に迷惑にならないようにした!」
と。
当然、相方は冷たい視線。
我が家の名言が生まれた日でもあった。
『じゃばらでゲロ!』

掃除してくれた方、ありがとう!

という、どうでもいいアレルギーならいいが、
麿の場合、いろんなものが制約されてしまう。
おやつを探すのにも気を使っている。
喜んで食べてくれたのはいいが、その後苦しむのは見たくはない。

ただ、最近は、デブのため甘やかさないように制限している。
俺もかな。。。。
水飲み麿



次回へ続く!

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
23:40:08 | くま犬物語
くま犬物語 Vol.007 ~タブー1~
 2006.04.04 Tue
written by ぷみまろ
麿が俺を気に入ってくれたからと言って、
すぐに自分のワンコだと思う程、俺は図々しくはない。

それよりも麿との接し方で自分で決めた事を守るほうが頭にあった。
それは、麿に食べ物をあげないと言う事だ。

これは当然のことだと思うし、
犬との暮らしを積み重ねた今は常識だが、
その時は知らない事ばかりだからだ。

例えば、
・チョコレートは絶対ダメ
・玉葱類もNG
あとは、人間と同じような塩分が多いものは腎臓を悪くするとか、
いろいろと相方に教えて貰った。

何が良くて、何が悪いかなんて俺には分からない、
けど、食欲娘麿にかかれば二人が食べている物は当然自分も食べることができる、
もしくは、いじわるでくれないなどと思っているフシがある。
その時も、当然今も、俺や相方が出せば、麿は疑いなく毒でも食べてしまうだろう。

それが怖かった。
可愛いからとあげることが必ずいいとは限らない。
糖尿病の人間に食物を与え続けるのは危険な事と同じように。

「これあげて、麿、喜ぶから」
と相方からお許しが出た時だけ、俺は麿におやつを上げていた。
麿も遠慮していたのか涎は垂らすが、
今程、クレクレとはせがまなかった。

それは多分、責任の重さの違いもあったんだろう。
意識としては、やはり相方の犬。

なかなか俺の中の壁みたいなもは消えない。


次回へ続く・・・

「アイスうまいでぇ~」
アイス

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
23:52:01 | くま犬物語
緩い!
 2006.04.04 Tue
written by ぷみまろ
石の上にも三年。
継続は力なり。

等と名言が多々ありますが、長続きすればいいことあるなんて本当ですかね?
俺が長続きしている事と言えば、
煙草と、
生きていることくらいだ。

けど、最近ふと気付いた。
麿を撫で(触り)続けることはや4年。
多分、何かをしている時間の中で、
麿と触れている時間はベスト10に入るだろう。

うんうん、続くもんだ(当たり前か)

麿のほっぺたがこの上なくムニュムニュして気持ちいい。
ブヨブヨとした体がなかなか揉みごたえがる。
もう、抱き枕に最適!!

ということで日々、麿をムニュムニュしている。

しかし、相方が俺のように麿のほっぺをのばすと、俺は心配になる。
「あのさ、そんなんしてると伸びるよ」

相方は当然、怒る。
そりゃそうだ、誰が伸ばしてるって、俺が伸ばしているのだ。
しかも生き甲斐のように。
ビロロ~~~ンと。

そうそれは麿が若い時は弾力があった。
が、いまはもう高齢の域に入って来ている。
お肌の曲がり角はとっくに過ぎている。

そう言えば、水を飲んだ後、口(ゴムパッキン)から雫が・・・。
俺のせいか?
せいだよな。

二重顎


いやこれは、おデブなだけでしょ?

あご2


ん、でもまぁいいか。
伸びてようが、デブってようが気にしてないようだから。

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
22:10:56 | くま犬
くま犬物語 Vol.006 ~やましい心3~
 2006.04.04 Tue
written by ぷみまろ
相方の部屋に行く毎に麿の尻尾の振り方が大きくなってきていた。
俺がソファに座るまで待ち、座ったら飛び乗って来るようになった。

それを見て、心中穏やかでなかっただろう相方。
ついに衝撃の事実を目の当たりにする。

「え~~~!」
と相方。
「なに、なんで?」
「えっ、なにが?」
と俺。
「なんで麿、目触らせてんの?」
「いや、目ヤニ取ってただけだよ」
「いや、そうじゃなくて」
「じゃなくて?」
「なんで麿、触らせてんの?」
「いや、この前からやってるよ」
「え~~~!嘘ぉ!」

嘘じゃないしとこれ見よがしに麿に触りまくる俺。
おまけに麿は俺の手を舐める舐める。
そして凹む相方。
上目遣い


ちょっと傷ついた俺。

おいおいおいおいおいおいおいおいおい!

仲良くしたらあかんのかい!!!!!
という事で、さきに会っている相方より、
麿の方が、先に俺を家族として見てくれていたようだった。

4年後の今も、
違う意味で麿に会わせた事を後悔しているらしい。
そんなんアリか?

犬と私



次回へ続く!

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
01:20:20 | くま犬物語
答えが出ない
 2006.04.04 Tue
written by ぷみまろ
麿に会うずっと前。
それは俺がまだというか留年しまくっていた学生時代の話。

四国の街で俺はボロアパートに暮らしていた。
生活環境のせいか、頼んでもいないのにネズミは走り周り、
ナメクジは畳を這い、ゴキブリがあちこちにいた。
夜になれば、野良猫達の喧嘩する声が聞こえる。
そんな所だった。

俺の部屋は角部屋。
隣の家との隙間があり、そこに野良猫が住み着いていた。
当然ながら、俺は、彼女(彼?)とは無関係に
だらけた暮らしをしていたし、
動物には興味もなく、
その日その日の腹を満たすため、誰にたかるかばかり思案していた。

木


ある日、部屋のドアを開けたまま、俺は部屋に忘れ物を取りに戻った。
その数分の間に事件が起こっていた。

玄関に戻る俺の目の先に、
横の住人である、黒い野良猫が俺の方をジッと見ていた。
そして・・・、
「みゃー」
とか弱い声が俺の足元から。

そう、そこには、その野良の仔猫がいたのだ。
仔猫はご丁寧にも俺のブーツの中にいた。
そして俺は固まった。

その仔猫の目は光を映さなかったのだ。
そのため、他の猫やカラス達の標的になったのか、
尻尾や体のいたるところの毛が禿げ、傷があった。
その子を心配そうに見つめる親猫。
俺は、手を出さず、仔猫が自力で出るのをまった。
下手に手を出して親猫を心配させる訳にもいかない。それに、彼女(彼?)は生きて行かなければいけない。
どんなにハンディがあっても。
そう、そんな風に思っていた。
手を出すのは簡単だけど、俺には最期までの責任は持てない。
持つ権利があるのならば、それは親猫だけだ。

野良は野良だから、人の手を貸すべきではない。
生きて行くのは自力のみ。

その仔猫は、親猫の声の誘導で、なんとか外に出た。親猫は、すぐに仔猫を連れて俺の前から姿を消した。

それっきり二人には会ってない。
それから暫くは、喧嘩をする声や鳴き声を聞いていた。
時折、ミルクを用意しようかと思った時もあった。
けど、しなかった。
何もしなかった。

やがて、喧嘩の声も消えてしまった。

煙草


後悔という訳ではないが、麿に会うまでよく思い出していた。
仔猫をあの時、抱えていれば良かったのかな、と。

けど、俺は、今でも野良は野良。自力で生きて行くもので、人間の力を利用するのはいいとしても、借りるのは違うと思っている。

よく、公園で野良にご飯をあげにくる馬鹿がいる。
そういう人間を俺は嫌う。

自然は自然のままに。
そう思うのに、やはり答えは出ない。
良かったのか、悪かったのか。

そんな事が世の中多すぎる・・・。
無謀にもRanking参加!押してって
00:20:56 | Trash!
くま犬物語 Vol.005 ~やましい心2~
 2006.04.02 Sun
written by ぷみまろ
何故だか麿が俺の横に座り、ひっつき、俺の表情を見つめる。
俺が部屋に行くと尻尾をブンブン振り回して歓迎してくれた。

これは、好かれてるのか?

悲しいかなモテない男の性というもの。
自分が好かれていたとしても一歩引いて考え、
「勘違いするなよぉ~~~」
と誰かが頭の中で呟く。

これで恐らく気付かない失敗をしたことだろう。。。

とはいえ、相手はワンコ。
ふむ、仲良く出来るならしましょうか。
という具合だったが、、、、

相方が俺に言うのだ。
「ワンコは家族以外を舐めない」
「目や尻尾や肉球(足)を触らせようとしない(急所だから)」
と。
絶対そうかと言われれば、そうでもないのだろうけど、
自信満々に言う相方の後ろ姿を横目に、
麿が手舐めてんですけど?
「躾けが出来てるコは絶対しないから」
と。
えーっと、あの、だから
舐めてんですけど?
ちょっと汚いんですけど?

どうも、そういう事を言われると、
俺は部外者で麿の家族じゃないから何も出来んと言われているようで少しムカついていた。

ならば、相方が麿にやっている事は全部やっちゃる!!
麿を俺のワンコにしたる!
と歪んだ対抗意識が出て来たのだ。

お食事中

(「食事中ですのよ。ゆっくり食わせて」「君、いつも早飯ですがな」)

とりあえず、相方がやっていたように目ヤニを取ってみる。
でも恐る恐る。
麿は、抵抗することなく、目を細め、俺に目ヤニを取らせた。
なんならそのまま頭を体にくっつけたりなんかして。

「うむ、うい奴じゃ」

麿とじゃれていて、俺が麿の背を跨いで(マウンティングだったんだよなぁ)まろのプニプニのほっぺをビーとのばしたり、撫でたりすると麿はコロンとお腹を俺に見せた。

お、麿くん、それは降参だね。
とその時は思ったが、
単に撫でて欲しいだけだったのよね。

そんなこんなで爪切り以外は出来るようになった。
というか麿がそれを許した。
暫く、この事実に相方は気付かなかった。
いや、気付いてると思ったんだけどなぁ。

あのでかい生命体が俺の後を付いて歩くのに妙に嬉しい感じがしていた。


次回へ続く・・・


「立ってないで」
座れや

無謀にもRanking参加!押してって
21:47:46 | くま犬物語
花、歩き見
 2006.04.02 Sun
written by ぷみまろ
寝ても眠い。
体から疲れが取れないので、一日中寝ていようと思いきや。

「ボンッ!」
と枕元で音が。

「ボンッ!ボンッ!」

・・・
分かったよ。起きればいいんでしょ、起きれば。
ということで麿に起こされる。
相方(たんぽぽと君の踵)は諸事情により仕事に行った。
俺も昨日、働いてたんだよなぁー。
寝てたいなぁーと思いつつも、目の前で尻尾がブンブン回っている。

・・・

そうだよな。
俺はのっそりと着替える。
コイツは何でか、俺の心が読める。
「ご飯あげなきゃなぁー」→涎垂らすし
「アイス食うかなぁ~」→涎垂らしながらテーブル横で待っている
「寝るかなぁ~」→それは俺のベットやろ(我が物顔で寝てやがる)!!!
という具合だ。

俺が鍵を持ったなら玄関へGO!
俺が着替えたら玄関へGO!
俺が少しでも「散歩行こうかなぁ~」と思ったら、狂喜乱舞。

麿、お前には特別なセンサーでも付いてんのか?

ということで、散歩へ。
久しぶりにお昼の散歩だが、
花見で人が多い。
ゴミやらガキやらで本当は人のいない時間に麿とはデートしたい。
今日は、そんな俺のテンションを感じたのか、
麿はゆっくりと歩いている。

ん?ちょっと待て。
いやいや、そんなことは・・・、あるか。
「おまえ、たんぽぽ(相方です)探してるだろ?」
コイツは、目で人を探すという犬にあるまじき行為を行う。
しかも、仕事に行ってるのを知っているくせに、、、
振り向きっぱなし。
桜1


天気は曇りだけど、まぁ、桜は見れるよなぁー。
って、お前何処見てん?

桜2


何?団子がない?
君は食い過ぎでデブなんだから我慢しなさい!

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
19:06:31 | くま犬
くま犬物語 Vol.004 ~やましい心1~
 2006.04.01 Sat
written by ぷみまろ
犬が特に好きではないというのは話したと思う。
だけど、やはり映画のように
「Come on」と言ってワンコが走って来たり、
ベットで一緒に寝たり、
いつも一緒で、ワンコに慕われるというのは、とても理想だと思っていた。
理想なだけに、幻想だと思っていた。

さて、週末になると相方相方(たんぽぽと君の踵)の部屋で過ごすようになると、
次第に麿とのコミュニケーションも見よう見まねで出来るようになってきた。

麿は俺の指示に従ってくれた。
これはなかなか感動だった。
そして、その目はしっかりと俺を見ているのだ。
麿が俺の横に着くようになり、
その様子を伺う相方は、いろいろと俺に教えてくれた。

バーニーズマウンテンドッグというのは、
スイスのワンコで、荷車を引くワーキングドッグということ。
スイス軍にその昔従事し、寒い夜、兵士達の湯たんぽ代りになってたこと。
一度、絶滅しかけた(した?)ということ。
麿はとても甘えたで、セラピードッグをしていたということ。

ぽややん


パトラッシュは麿達がモデルだけど、
日本に馴染みがあるワンコのデザインにしたため、あんな風貌になったということ。

これを聞いたから何かを感じたかと言われると応えは「NO!」
知識が増えた程度。
俺が一気に犬好きになる訳がない。

俺の知識では、
犬は群れ行動し、群れの中で順位付けを行い、主人(群れの長)に絶対の信頼と服従をするということと、
ワンコと暮らている女のコと付き合った男が、
ワンコが原因で別れたという話。

要は群れの中に余所者が入って来たから気に食わないという奴なんだろう。
だから、俺は麿に関わるのを必要最小限にしようと合う前に決めていた。

それに俺は相方に
「麿の面倒なんかみないから」
と言い放っていた。

そんな人間にやましい心がフツフツと沸き上がっていた。


次回へ続く・・・


「膝枕なのね」「いや、そこは膝か??」
おーぷん

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
23:59:04 | くま犬物語
気になる。。。
 2006.04.01 Sat
written by ぷみまろ
若い若いと思いきや、もう俺もオッサンである。
まっとうなオヤぢ道を歩まねばならんなぁ~、
とふと思い立ったのだ。

とはいえ、気になるものは気になる。
ある日、相方(人間:たんぽぽと君の踵)が、俺の天辺を見て、言った。
「やばくない?」
そして俺は凍り付く。

マジっすか?
いや、ちょっと待ってくれ。俺はハゲる気なんてないぜ!
というよりも、ハゲると思っていない。
この剛毛!
髪を切りに行くと「心配いらないですねー」と
どの美容師さんにも言われるこの俺の天辺。

↓皆様のご意見お待ちしてます
天辺



いや、まぁ、大丈夫だよね・・・?


まぁ、俺の毛はいい。
抜けて泣くのは俺だけだ。

これはどうよ?
麿毛


通称、麿毛。
まりもではない。
原産地はこいつ

ぬん!


いくらブラッシングしてもきりがないなぁー。
ブラッシングするのは苦じゃないけど、
鼻の穴やら、耳の穴、
蓋をあけた弁当からも出てきやがる。

ほんとにもー、明日は掃除だ!!

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
23:05:57 | くま犬
くま犬物語 Vol.003 ~出会い3~
 2006.04.01 Sat
written by ぷみまろ
麿に向かって相方は人差し指を立て、
「シット」
と優しく言った。
すると、麿はゆっくりとお座りをした。
次に指を上下に振り
「ダウン」
と。
今度は、麿は伏せた。

なるほど。
これがパブロフの犬か。。。
(あぁ、勘違い)
躾けというものだろうけど、「ほぅ」という関心具合だった。
まぁ、身近で見たのは始めてだが、見事なもんだ。

という感想は後々考えてみると、
もの凄いことで、まだ、俺にはそれを理解するという柔軟な頭はなかかった。
なにせ、脳外科に言ってCTを撮った時、医者に
「脳の皺少ないねぇー」
と笑われ、診察どころじゃない脳味噌が入っているのだから。

一緒に散歩に出かけると更に「うぅ~む」となる。
車の通りがない通りでノーリードで麿は自由気ままに歩いているようで、
先に歩く俺達を気にして追いかけて来たり、
後ろで歩く俺達を振り向いて待っていたり、
まるで子供のようだった。

リード(ひき綱をそう呼ぶとさえ俺は知らなかった)を外すと、
自由に走り回り、言う事を聞かないそんなイメージがあった。

おねむ

(画像は本文とは全く無関係!)

「理性つくまではね」
と相方は笑ってそう言う。
2歳くらいになるまで、怪獣らしい。
バニは特に最悪最強の小悪魔らしい。

極めつけは、夕食時だった。
低いテーブルに広げた人間用のご飯を狙うスナイパー麿。
「あっち、行って」
と相方が言うと渋々と遠ざかる。
しかし、食いしん坊万歳!の麿は、ひたひたと獲物を狙う。
「退場」
と、俺が冗談で言ったのに、その言葉を覚え、理解し、
麿は「退場!」というと
「しょうがないなぁ」という様子で廊下の方へ歩いて行くのだ。

恐るべしワンコ。
人間でさえ言語の違いは大きいのに生物間
でこれとわ。

次回へ続く。。。

「座ったからなんかくれ!」
シット

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
00:07:54 | くま犬物語
back | HOME |

03 ≪│2006/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

このブログをリンクに追加する

はてなアンテナに追加
MyYahooに追加
Bloglineに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。