スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by ぷみまろ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無謀にもRanking参加!押してって
--:--:-- | スポンサー広告
くま犬物語 Vol.016 ~まろりろ探検隊初陣の巻~
 2006.04.26 Wed
written by ぷみまろ
うちには緑色の大きなスポーツバッグがある。
相方(たんぽぽと君の踵)がモトクロスをやっていた頃の名残だそうな。
プロテクターを入れるための大きなバッグ。

さて、これが出て来ると踊り狂う奴が1人。
麿である。

相方がせっせと俺のパンツやらシャツやら入れてくれている間、
横では麿が喜び踊り、俺はソファであくびをかます。

目的値は伊豆である。
「その火、飛び越えてきなさい」
なのである。
地震のメッカでもある。

何故、伊豆なのか?
答えは俺が行った事がないからなのだ。
初伊豆、麿と遊ぼう!
というのが目的もない旅の目標なのだ。
(訳わからん)

にしても、犬とは初めてなのである。
トイレシートの用意。
ご飯の用意。
色々である。

ハーネスを麿に装着すると麿のテンションは最高潮!!
部屋から出ると車まで一目散!!

余談ではあるが、皆さん、光るナンバープレートをどう思いますか?
相方の車を初めて見たとき、
「おいおいおい、光るナンバーだよ」
と心の中で突っ込んでました。
正直、色々と疑いました(笑)
光るナンバーって。。。
よくよく後で聞くと中古で買ったため、最初から付いてたとさ。
取るにも工賃かかるからそのままにしてたと。

というアベニール、別名アベちゃんに麿は突進です。
麿を乗せ、荷物を載せ
いざ初陣!

出発です!


首都高を超え、東名へ。
運転はもちろん、相方。
途中、麿にお水とトイレのためとまり、ちょっと散歩し、ひたすら移動。
時期外れのため渋滞もなく、のんびりなのです。
多少、迷いもしたが無事、目的のペンションに到着!

そふぁにて


「なつがっぱ(漢字忘れた)」というペンション。
長い階段を昇り、切り崩された山の中腹にある棟まで。
なかなか景色がいいのです。
荷を解くとすぐに麿と散歩です。
近くの砂浜で遊んだだけ。
ただ、見知らぬ街というのは新鮮で、不思議な感覚があり、
自分達が放浪者だなぁという気分にさせてくれるのです。

正直、こんなんで麿は楽しいのかな?
と。
車に長時間乗り、遊ぶにしてもそれほど時間が取れない。
なんなら食事の時など公共の場なので厳しく指示がでるし。
俺は緩やかな時間の中にいるだけで、
精神的にも和らいでいたけど。

この旅で決めていた事が幾つかあり、
そのうちの一つが、麿のリードは俺が持つということ。
相方は
「大変だよ、持つよ」
と言ったけど譲りませんでした。
食事中も俺の足にリードを括りつけます。
今も3人で食事の時は俺の足につけるのです!
でも、相方がいう程、大変ではなく、
麿はこの頃は優等生という意味でいいコだったのです。
今もいいコですが、意味違ってます(笑)

露天風呂で俺達はリフレッシュ。
麿はというと、朝俺が目覚めると俺のベットの横で寝てました。
思い切り、いつの間にか。

そういえば、ここでハスキーを連れた初老のご夫婦がいらっしゃいました。
ハスキーちゃんは2人。
とてもおとなしく、おりこうさんでした。
かわいいのぉー。
歳を重ねてもワンコを連れて、ああやって旅行したいものです。

はい、正直、俺、詳細を忘れてます(笑)
本当は、いろいろあって、凄く麿に教えて貰ったんだけどなぁー。



まっ、いいや。
簡単だけど、旅の話は次回も続く!!
(久しぶりだったから次はいつだ?)
スポンサーサイト

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
23:47:11 | くま犬物語
久々に芋
 2006.04.26 Wed
written by ぷみまろ
2つの名を持つアホ犬。
噛み付いていい?


本日:7Kg
得意技:おしっこ我慢して遊ぶ。
    そしてチビチビ漏らす。
    で、怒られる。

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
22:52:17 | くま犬
1秒でも
 2006.04.26 Wed
written by ぷみまろ
部屋に帰って来てこの数年間、麿がいなかった事はない。
正確に言うと、当然、相方(たんぽぽと君の踵)と散歩に出掛けている時はいない訳なのだが。
そんな時は、鞄を玄関に置き、すぐさま散歩コースを俺は逆走する。
走るけど、歳のせいか、
もともと長距離が苦手なせいなのか、
ペースは落ち、息も切れる。
だけど、散歩道で出会う麿は、そりゃもう、
喜んで俺に突進してきてくれる。
当然ながら俺は、それを避けるのだが。。。

今日はついに相方が麿を病院に連れて行った。
俺は、時間差で帰って来たせいもありポテトの世話である。
正直、ポテトがいてくれて良かったと思った。
一人暮らしは十数年やったが、
その時の寂しさや孤独感を今は忘れてしまっている。
それどころか、今の楽しさが大き過ぎ、
それに今耐えられるかというと、おそらく無理だ。

夕べ、麿が再び吐いた。
下痢を起こしたのは日中だが、
また吐くとは思わなかった。
いろいろな事が考えられる。
熱中症、アレルギー、ストレス。。。。
ここのところ、この話ばかりで申し訳ない感じだ。

昼間に戻って来た時は、排便をした形跡はなかった。
しかし、ぐったりしていた。
それなのに玄関まで迎えに来てくれた。
そして俺が再度、仕事に戻る時は
珍しく「ピィー」と鳴いたのだ。

胸に刺さる。。。

メールで相方には病院に一度電話した事と麿の様子を送った。
だから、多分、こうなるだろうと。

そして、帰って来て、麿の出迎えが、ない。
ポテトが俺に気付き騒ぎ始めるが、
麿の残した排便に一瞬固まった。

赤。
真っ赤なのだ。
昼に一度、目にしたのは少量だったが、
今回はポテトの軽い便くらいはあった。

嫌な想像が頭を走る。
相方からの連絡もない。

それでも俺はポテトの部屋を掃除し、
ご飯を作り、一緒に遊ぶ。
コイツはコイツで育てるのだ!

ポテトは俺に絡み付き離れない。
本当に俺の事を何だと思っているのか一回じっくり話し合いたいところだ。
アンギラです

部屋にいる時はポテトだが、
外にでればアンギラス。
それでも気を紛らわしてくれるし、
コイツが暴れてくれるから俺の気分も底辺まで墜ちずに済んだ。

アンギラを寝かしつけたところで相方からの電話が。
アレルギーによるものだろうと言う事、
点滴を打った事、
療養食を貰ったことを報告してくれた。

ほっとした。
大事には至ってなかったから安心した。
夕飯の打ち合わせを相方とした際、
「どーでもいい」といったが、
腹はやっぱり減ってきている。
現金なもんだ。

麿にアレルギーがあるのは話した通り。
今回は、栄養源として牛乳を与えていたのが悪かった。
うちの相方はシリコンアレルギーで、
手術等で使用されたら一発で死ぬだろうと以前から話をしている。
それと同じだ。
それに目を瞑り、また麿に苦しい思いを強いてしまった。

相方と麿はまだ帰って来ていない。
事故らずに帰って来てくれる事を願いたい。
個人的経験から「絶対はない」と思っている。

今日が続いていく保証なんてどこにもない。

けど、今の四人の暮らしを出来るだけ1秒でも長く続けたい。
麿とポテトと一緒に暮らす人間の責任として、
麿とポテトより先逝くということはせず、見届けるのだが、
それは遠い遠い未来であって欲しい。

1秒でも長く。
簡単なようで、叶わない願いなのかもしれない。
時間だけは過ぎていくのだから。
口が赤いのだ

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
21:22:36 | くま犬
| HOME |

03 ≪│2006/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

このブログをリンクに追加する

はてなアンテナに追加
MyYahooに追加
Bloglineに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。