スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by ぷみまろ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無謀にもRanking参加!押してって
--:--:-- | スポンサー広告
明日はどっちだ!!
 2006.09.27 Wed
written by ぷみまろ
11時からの予約で、10時過ぎに所沢に着いてしまった。
睡眠不足で、相方共々、既にバッテリー残量なし。

マックで朝食を食いつつ、
「あぁ、夕べ、そういや食ってねーな」
と。
寝ている間に麿が急変しないかドキドキでねぇ。

という事で、11時。
病院に入り診察を待つ。
正直、前回の事があるからいい印象は持ってないのだ。

おねーちゃん2人が出て来てこれまでの経過を説明。
麿はおねーちゃん2人に不信感はないようだ。
それから診察室で待つ事一時間。
待ち過ぎてうたた寝をかます俺。

で、Dr.Kの登場。
なかなかアメリカンナイズされた紳士的かつ
口数多い方でした。

簡単に説明が。
既に「悪性組織球症」という診断が着いた今、
「治療=抗がん剤」をするか。
「緩和治療」をするか、
「無治療(何もせん)」
かを選択する事になるという話からスタート。

で、抗がん剤(ロムスチン)をやるかどうかで、
俺と相方の質問が飛ぶ。
答えとしては、
副作用は一時的に出るが、
肝機能や骨髄の機能を壊してまでの投与は当然しない。
(意味なくなるから)
ちゃんとした投与法が確立されているらしく、
それなりの効果があげられていること。
俺達が仕入れていた情報は間違っていること。
などを教えられた。
当然ながら、病状が急変し加速する時期があるので、
その時期と副作用が重なった場合、どうなるかは分からない。
命を落とした場合、実際、副作用か病状なのかも。

という事で、麿はまだ比較的表情が明るく、
体力もあるのでやる価値はあると思った。
投与して3ヶ月(平均してかな?)見込めそうで、
一時でも麿の体調が良くなるのなら。
カンカイ確立が高いのならなおさら。
何も病状の悪化を待ち、死に向かう緩和をこの段階で選択する必要は
ないかと思った。

また、Dr.Kの説明で、
治療をするなら、それに伴う準備がるから検査をするが、
緩和なら、何も苦痛を強いる必要もないとの事。
本当は検査後の判断にしたかったし、
まだ、投与のストップは掛けられる。

一時間ばかり相方と相談する時間を貰い、話合う。
相談の本題はケアをどうするか。
初めての投与から2週間過ぎれば、抗がん剤の効果の有無がはっきり分かる。
そして、その結果、腫瘍が小さくなれば、その後続ける異議が出て来る。
ケアの問題は、副作用等の急変に俺達が対応できるかということで、
日中、どう麿のフォローするかだった。
これについては、今後も必ずぶち当たる課題なだけに
俺が昼帰ってくるなり、ライブカメラを仕掛けるなどの
方法でなんとかしようと思った。

ということで、検査へGo!

俺達は数時間を潰すため近くのファミレスで待機。

いろいろと話をするけど、相方が悩んだり、泣きそうなったりと、
なんとなくスッキりしない。
16時に一度電話を入れる約束なので、
16時に電話。
すると18時に迎えに来てくれとの事。

また時間が延びたことで、がっくりし、
俺と相方は車で仮眠を取ることに。

その30分後。


電話、


鳴る。

「すぐ来て欲しい」だそうです。。。。。


すぐに行くもDr.Kは治療中のためしばし待たされる。
先程スーツを着ていたのにラフな格好になったK氏。








さて、ここから心の準備をお願いします。
いよいよ本題です。













「普通ではありえない所見があった」
と第一声。
なんとなく「来たか」と思う俺。
理由はないが、麿の事だもん。

まず、この前、鼻血をだしていたDICの症状はない。
または改善されているという事。

やったやんか。

つぎに



次にだ、



「悪性組織球症」という診断も疑わしいと。



なんだ、そりゃ。


なに?
じゃ、なんですかーーーーーーーーー?














かび

カビ




だそーなんです。

「はい?」

リンパ節から「かび」が大量に発見されていたと。

今までそれは見落とされていた訳だ。

組織球がかびをやっつけようと集まって来て、酷い炎症を起こす。
それでもかびをやっつけられないから酷い炎症を起こした組織球を
悪性の組織球と判断した可能性もある。
バニの腫瘍ということで偏見でみれば
その間違いの可能性もあるし、似たような組織状態らしい。

ただ、悪性組織球症の目が完全になくなった訳ではない。
やはり悪性組織球症が原因で免疫不全を起こし、黴が発生したとも考えられる。

が、

珍しいらしい。

ええ、

K氏もそういってたから。

問題は、腫瘍ありきの黴なのか、
黴ありきの腫瘍なのか。

今の麿の状態で、緩和治療でステロイドを投与していても、
抗がん剤をやったにしても、
免疫抑制を起こすので、全身真菌症を促す形となり
麿を殺す結果にしかならなかった。。。

こわいこわい。

で、急遽の呼び出しは、
麿のリンパ節が所々腫れているので、その組織を取って検査したい。
そしてお腹の腫瘍も針生検して検査したいとの事。
その承諾が欲しかったと。

ということで、承諾。

K氏はドタバタと走りさっていったのっでした。
麿にも苦痛があるけれど、頑張って貰いました。

んーーーーーーー、
黴やっつければ光見えるかな?

ということで、
診断名が白紙になっちゃいました。
K氏も「リセット」と言うてました。。。

さぁ、また、また、また、結果待ちです。

コケたかな?
「なんじゃ、そりゃ!」
とPC前の叫びが聞こえそうです。

事実として全身に黴が回っている。
炎症を起こし、各所のリンパを腫れさせているということ。
黴を押さえるか、押さえると同時の抗がん剤投与となるのか、
どうなのか。

麿をあずけ、ファミレスに向かう車の中で相方が
「悪性組織球症じゃないってならんかな?」
と言ってましたが、現実になっちゃいました。
可能性は捨てきれないんですけど。

さすが、麿。
訳分からん。

でも、戦いは続けて行くしかないのです。

カビキラーは流石にきかねーよな。

しかし、やはり検査結果では転移は見受けられない。
リンパ節はボコボコ腫れているものの。。。
そんなもんなんか??

IMGP2651.jpg

スポンサーサイト

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
22:54:42 | くま犬
鼻血
 2006.09.26 Tue
written by ぷみまろ
さてはて、夕べ、麿が
「タリっ」
と鼻血なんかを垂らしました。

相方と俺、当然固まる。

何度も先生に電話し、
23時過ぎ、俺の運転(いつもしない、ペーパーです)で
病院へ。
相方に運転がヘタとなじられ、
ポテトも相方も酔ったと苦情を言われる事、30分、
無事、病院到着。

麿の鼻血は車に乗るまえくらいから止まったみたい。

とりあえず、血液検査など。。。

けっしょうばんが少なくなっているとのこと。
なんたらというアルファベット3文字の合併症というか
症状を引き起こしている可能性があるらしい。。。

こんなんじゃ、抗癌剤治療は無理などと話す。
その症状を緩和するため、
家でも薬を注射で投与するとのこと。

相方に任せればいいのだが(慣れてるからね)
実は、今日、当直で居ない。
明日、所沢へ行く時間をつくるために。。。

ということで、俺が注射のレクチャーを受ける。

なんとか家に帰れそうだったので、
麿を連れて帰ったのだが、
災難なのはポテト。
輸血が必要な時のために連れて行ってしまった。。。。
輸血は「その場しのぎ」と先生が何度も言っていた。
相方とも話ていて輸血はやっても1度だろうと。
なので、輸血はせず(個人的にはもう考えないけど)
ポテトは車に閉じ込められたままだったとさ。

帰って2時半。
さすがに眠い。

今日は、心配で何とか昼間帰ってきた。
玄関に入ると麿が吠え、そして出迎えてくれた。

安堵。

今は、ちょっと熱が高く少ししんどそうだ。

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
23:26:14 | くま犬
これから
 2006.09.25 Mon
written by ぷみまろ
自分達だけでは足りない部分を
ここや相方のほうに来てくれる皆さんに補って貰っているなーと実感し、
感謝しておりますです。

一生懸命になればなるほど、空回り。
なんてことはよくあるんだろうけど、
今度ばかりは空回りじゃね。。。

相方と色々話をし、
もう、完全に治る事はない現実は受け入れ、
どう、少ない麿との時間を費やすかを考えています。

明後日、27日。
所沢に行き、検査し、抗癌剤治療などの話を聞くつもりですが、
今のところ、やらない方向で俺は気持ちが傾いています。

ドッグランに行き、笑う麿を見ていると
苦痛の時間を引き延ばすより、
短くても笑っている時間を多く過ごさせたい。
「過ごさせたい」とは随分で、
本当は、俺が沢山、麿と笑える時間を過ごしたいのです。

麿を可愛がってくれた人たちに、
せめてもう一度会って欲しいと思うし、
可能な限り、ここに来てくださる皆さんに麿を会わす事が出来ればと思ってます。

判断は病院で話を聞いてからですが、
出来るなら苦痛を和らげ、残りの時間を穏やかで楽しく過ごしたいなぁ。

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
22:13:41 | くま犬
無尽蔵
 2006.09.23 Sat
written by ぷみまろ
昨日、麿が吐きまくりだった。
汚物処理に相方と2時間を費やす。。。。。

んーーーーーーーーーーーーーーーー。
どうやらご飯をあげる間隔が短かったようだ。
昨日、朝、俺が出てからすぐに吐いたようで、
腸からくる嘔吐ではないと判断していたものの不安はつきない。

で、今朝、こわごわと強制給仕。
時間をあけ、吐かないか様子見。

結果、吐かなかった。

んーーーーー、俺達のせいだったか。。。。。
すまん、麿。

で、吐かないと判断し病院へ。
麿の治療相談になってしまった。
まぁ、いろいろ、沢山、悩み考える事は多いのです。

病院の後、ドッグランに連れて行くと話すと、
「吐いて脱水しているから点滴してきます?」
と点滴をしてくれました。


なわけで今日はドッグランに行ったんですねー。
これが本題です。
あ、ポテト、体重量って貰ったら33.7Kg(推定:暴れたからね)だそうです。

不安、心配一杯でのポテト初ラン。
というか初お出掛けですの。

心配事項一覧
・ガウガウ
・飛びつき
・アホ
等々


で、どうなったかというと。
IMGP2621.jpg


遊んどるやん。
楽しそうに。
攻撃性ゼロ。
人間にも挨拶しまくりで、
ランを走り回り。

コーギーちゃんと追いかけっこを延々やってました。
そろそろ疲れたか?
と思うのに2時間ほぼ、アグレッシブに動き続けてました。
ポテト体力ありすぎ。。。。

楽しかったんでしょう。
初めて他のワンコと遊べて嬉しかったんでしょう。

麿は、走り回ることせず、まったりとしておりました。
IMGP2622.jpg



そのランでバニちゃんに会いました。
名前はシャロンちゃん。
3歳、女のコ。

シャロンちゃんのお父さん、お母さんと話しているうちに、
ポテトのワンコの父ちゃんとシャロンちゃんのワンコの父ちゃんが
同じだった事が発覚。
異母姉妹ということでした。
おぉー、世間は狭いのか?

でも、やっぱり、ポテトはうざいのかシャロンちゃんにも嫌われてました。

IMGP2624.jpg


むこうがシャロンちゃんですね。

いろいろお話をさせて頂き、
今の俺達と同じ経験をなさったとか、
ブリーディングがどうとか、などなど。
ワンコの縁って繋がるの早いよなぁ(笑)


ということで、麿もご機嫌でした。

帰って来て、これまでになくポテトが爆睡。
おとなしいです!!
既に寝てるのが珍しい。
動かないし。

でも車嫌いで乗るのも降りるのも一苦労でした。
どうかと思ったけど、ドッグランに行って良かったな。

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
22:01:49 | くま犬
こ、これわ。。。
 2006.09.22 Fri
written by ぷみまろ
眠いし、風呂もまだ入っていないけど、
パピちゃん(ポテトの姉妹)の写真を見たら衝動的にやってました。

画像盗用中(爆)
これパピちゃん。
かわいーですねー。
225190699_26.jpg


で、これがウチのアホたれ。

IMGP2617.jpg




やはり似てますねー。





















これ、














てきとーだけど、






















いかがかな????

























hanpapi.jpg

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
00:40:57 | くま犬
無題
 2006.09.20 Wed
written by ぷみまろ
「人間になった」
とは、相方が俺の人間性の変わり様を振り返ってそう言った。
麿と相方と3人で過ごすようになってからのお話。

自分では明らかに変わった事と言えば、
デパスやらなんやら精神安定剤や睡眠薬を飲まなくても
社会生活を送れるようになった事と、
ワンコ達が少しばかり好きになったこと。

麿がいたからの生活。



今日、仕事を終え丁度帰ろうとしたやさきに
相方から電話があった。

思考が止まる。



悪性組織球症

曖昧だった麿の病気に名前がついた。


俺も相方も思考がいろいろと飛び、
考えているのか考えていないんだか分からない状態。

今後に関してはいろんな考え方がある。
どれを選択しても麿の為だと思える。
どれを選択しても後悔をする気もする。

俺がこの結果を聞くよりも前にずっと思っていたことがある。


麿のお腹の傷が回復したら
できるだけ週末は麿を連れ出そうということ。
治療優先だと。。。。

治療にしても、難しい。
貧乏人とリーマンなんかをやっている人間、
特に共働きしている俺達には、
「治療できんなら一緒に暮らすなよ!」
と言われているように感じてしまう。

何より、最悪の現実をつきつけられても、
麿がいなくなることが
タチの悪い嘘のような感じがしている。

「いつか」がそこまで来てしまったみたいです。


久しぶりの更新がこんな内容ですんませんね。
いろいろ憶測で書くのが嫌だったもので。。。。。
といいなが、思い切りゲームしている図を公開されてましたね。
(言い訳できず)



テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
23:45:33 | くま犬
予測不能
 2006.09.10 Sun
written by ぷみまろ
麿の調子は良くなっていた。
数日前は、自分の意志でドライフードを食べてくれた。
チーズちくわなどの好物はせがむようになっていた。
散歩も自主的に行きたがり、
以前の麿の行動が戻ってきていた。

クスリが効いたのか、強制給仕量を増やし、
貧血を軽減させることに勤めたからなのかは
定かではないけど、様子は上向きだった。

しかしながら、先週の病院の検査結果で、
貧血が一向に改善されず、出血が考えられる血液結果。
おまけに、腫瘍は巨大化していた。
考えられることは、血が腫瘍に流れ出ているということで、
このまま腫瘍が破裂する恐れもある。
そういうことで、本日、腫瘍の摘出に再度踏み切った。
出血が止まらない、発熱の原因が取り除かれなければ
麿は完全回復しないとの判断からだ。

麿を病因に預け、俺と相方は病院近くで時間を潰すことに。
18時に病院に再度、足を運ぶことにしていた。
時間が過ぎて行く。
16時になっても病院からは連絡がない。
麿の命に別段問題はなく、事なく進んでいると思っていた。
17時45分。
そろそろということで、
病院に向かおうと車で丁度走り出した。
そこで俺の携帯がなった。
病院からだ。。。

様子を説明されるが、正直、俺にはすぐの判断は出来ず、
相方に詳細を把握してもらおうと思った。
相方は運転中。
すぐに病院に着くということで、
病院での詳細説明、判断となった。

先生の説明では、
「膵臓のあたりに小さく1つ。腸間膜に一つ、腫瘍が増えていた」
ということだった。
膵臓付近のものは除去が不可能という話で、
腸間膜の2つを除去すると大腸も切除、小腸も2/3は失われてしまうとの事だった。

膵臓付近のものが取りきれないのであれば、
なにも腸を取り除いて麿に苦痛を与える必要はないとの判断で、
わずかしか除去できないが、腸を温存するかたちでの腫瘍の可能な限りの除去をお願いした。

それから更に2時間。
麻酔から覚めた麿に会えた。
長い、長いオペだった。
麿は辛そうに寝ていた。

訳が分からなくなっている。
いろんな意味で悪性だとは考え辛い。
再度、今回切り取った組織は検査に出すが、
次の手術はもう、ない。

悪性だと考え辛いと言うのは希望ではなく、状況判断から。

リンパ種なら、もう麿は手の施しようもないくらい
体力が奪われ、死の手前にいるはずだ。
他の悪性種であっても同様。
なにかしら体が破壊され、もっと障害が出ていると思う。
まだ強制給仕が続いていたとはいえ、
麿は吐かないし、下痢もしておらず、
内蔵器官は正常に動いている。
腸間膜に腫瘍が出来ているのにだ。
昨日も元気なう●ちをしてたし。

現状、やはり原因まで判断できず、
解決に居たらなかった。
解決できると思ってたのに。。。。

今後は、おそらくステロイドの本格投与になると思う。
これまでは、少量のステロイドで様子を見ていたから。

組織の検査結果はまた一週間後。
悩む日々が続く。

DSCF0041.jpg


麿、ごめんよー。


ポテトは元気で毎日笑わしてくれてます。
Blogをさぼっている間もせっせとネタを仕込んでくれております。
ちょっと本日はご紹介できませんが。。。

いろいろと更新も遅くなりがちですね。
ダメダメですね。

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
23:05:58 | くま犬
| HOME |

08 ≪│2006/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログをリンクに追加する

はてなアンテナに追加
MyYahooに追加
Bloglineに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。