スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by ぷみまろ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無謀にもRanking参加!押してって
--:--:-- | スポンサー広告
くま犬物語 Vol.003 ~出会い3~
 2006.04.01 Sat
written by ぷみまろ
麿に向かって相方は人差し指を立て、
「シット」
と優しく言った。
すると、麿はゆっくりとお座りをした。
次に指を上下に振り
「ダウン」
と。
今度は、麿は伏せた。

なるほど。
これがパブロフの犬か。。。
(あぁ、勘違い)
躾けというものだろうけど、「ほぅ」という関心具合だった。
まぁ、身近で見たのは始めてだが、見事なもんだ。

という感想は後々考えてみると、
もの凄いことで、まだ、俺にはそれを理解するという柔軟な頭はなかかった。
なにせ、脳外科に言ってCTを撮った時、医者に
「脳の皺少ないねぇー」
と笑われ、診察どころじゃない脳味噌が入っているのだから。

一緒に散歩に出かけると更に「うぅ~む」となる。
車の通りがない通りでノーリードで麿は自由気ままに歩いているようで、
先に歩く俺達を気にして追いかけて来たり、
後ろで歩く俺達を振り向いて待っていたり、
まるで子供のようだった。

リード(ひき綱をそう呼ぶとさえ俺は知らなかった)を外すと、
自由に走り回り、言う事を聞かないそんなイメージがあった。

おねむ

(画像は本文とは全く無関係!)

「理性つくまではね」
と相方は笑ってそう言う。
2歳くらいになるまで、怪獣らしい。
バニは特に最悪最強の小悪魔らしい。

極めつけは、夕食時だった。
低いテーブルに広げた人間用のご飯を狙うスナイパー麿。
「あっち、行って」
と相方が言うと渋々と遠ざかる。
しかし、食いしん坊万歳!の麿は、ひたひたと獲物を狙う。
「退場」
と、俺が冗談で言ったのに、その言葉を覚え、理解し、
麿は「退場!」というと
「しょうがないなぁ」という様子で廊下の方へ歩いて行くのだ。

恐るべしワンコ。
人間でさえ言語の違いは大きいのに生物間
でこれとわ。

次回へ続く。。。

「座ったからなんかくれ!」
シット

スポンサーサイト

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
00:07:54 | くま犬物語
気になる。。。| HOME | 待っとき!

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

このブログをリンクに追加する

はてなアンテナに追加
MyYahooに追加
Bloglineに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。