スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by ぷみまろ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無謀にもRanking参加!押してって
--:--:-- | スポンサー広告
くま犬物語 Vol.026 ~引っ越しはしたものの~
 2006.07.18 Tue
written by ぷみまろ
<前説>
「くま犬物語」は俺と麿が会った頃からの出来事を綴っております。
過去のお話という訳です。
今回のお話は2002年12月頃のお話
(長く放置していたせいでお忘れの方も多いかも)
_____________________________________________________________

さて、鬼のようなダンボールを部屋に入れただけで、
引っ越しが済むならどんなに素敵でしょうか?
当然ながら二人分の荷物+麿用品。
めくるめく素敵な世界。

相方(たんぽぽと君の踵)は俺と相方の臭いのついた荷物があるから
抵抗なく部屋に居ると言ってましたが、
流石にダンボールの山には閉口しているようで、
荷物置き場になった和室には寄り付きもしません。

俺は、自分の持ち分でもある書斎(倉庫)に本棚を設置し、
本やらなにやらをダンボールから出し続けるのでした。
相方は生活できるように台所やら衣装を片付ける。
それを見守る麿。

しかし、年末に入り休みがあるからと思いきや、
俺は休日出勤の日々になるのでした。

IMGP2299.jpg

(写真は全く関係なくポテト。何故、前足で顔を撫でる)

そして、仕事から帰って来るとあら不思議。
お家の中にダンボールがないじゃあーりませんか。
麿はご機嫌でお出迎え。

偉い!偉いぞ!たんぽぽ!!

ほんと、いつもながら頭が下がる一方。
まるで小人さんです。
「これでゆっくり正月を迎えられるね」
と。

IMGP2292.jpg

(なぜ、めくれる。耳)

不思議な事に麿は、以前の相方の部屋に帰ろうと言いません。
俺が帰ってくるのも素直に受入れています。
なんででしょう?

麿の為に引っ越しをし、
相方といつの間にやら婚約者になっちゃったり、
その挙げ句、結婚しちゃったからなー。
世の中分からん。
というか、その前に、そんなノリで借金背負うおバカな二人。

新しい生活が始まりましたが、
俺の感慨としては、
「とーぶん、引っ越しはいらない」
というもので、
相方も俺も、ずっとここで暮らす気は
なかったりします。

さて年末。
この時、近くに大きな神社があるウザさを
俺達は知らなかったのです。

IMGP2309.jpg


ここから家族のスタートですねぇ。
スポンサーサイト

テーマ:でか犬 バーニーズ - ジャンル:ペット

無謀にもRanking参加!押してって
22:13:57 | くま犬
模様替え| HOME | ドッグ・タグ

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

このブログをリンクに追加する

はてなアンテナに追加
MyYahooに追加
Bloglineに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。