スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by ぷみまろ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無謀にもRanking参加!押してって
--:--:-- | スポンサー広告
消された記録
 2008.12.23 Tue
written by ぷみまろ
すみません。
もう、更新する気もなく、ここは放置するつもりでした。
ですから、全てコメント欄もなにも閉じました。
本来の趣旨から外れてしまったためです。

ただ、皆様のコメントはWeb上からは消してしまいましたが、
ちゃんとバックアップを取りましたからね。

さて、木村犬猫病院のBlogから下記のページが消されましたね。
1.jpg

アップロードの要領の規制上、文字として読み取れませんが、
全て保存してますよ。

何故、消さなければいけなかったのでしょうか?

彼らには彼らの言い分があるのは理解しています。
それに、その信念があるのなら、
私たち、一個人として、疑念に思っている人間がいたとしても、
貫き通せるはずです。

その逆で、我々には我々の言い分、思いがあります。

それを受け入れられなければ、口を閉じ、
無視し、嵐が過ぎるのを待てばいいのです。
消すような記事なら書かなければいいのです。

あの記事を読み、一般的に考えて、
治療を行う上での信頼関係には同意します。
それが築けないなら他に行けというなら、
初診の患者はどうすればいいのでしょう?
初診で我々が思うことは、かかった病院を先ず信用することです。
医療サービスを行っている訳ですから。
それがなければ、人間でも何でも治療を委ねられないということです。

私の書いた記事に反応して記事を消されたのであれば、
それこそ大きな誤りだと思います。
あの記事が木村犬猫病院の木村院長のオーナーに対する訴えだったに
他ならないからです。

記事がなくなり、検索エンジンのクローラーによるキャッシュがされる前となっては、
皆さんが、その記事を読むことは出来ないです。

私は、その記事を記録させて貰いましたが。

人はミスするものです。
理解しています。
何度でも言いますが、
ミスを受け入れない、認めないこと、
ミスを是正できないことが問題なのです。

専門職として、それを全うするならば、
それ相応の意識を持たなければなりません。

最後に、所詮、個人を相手に殿様商売でできる医療サービスです。
一般社会の中でミスをおかし、莫大な損害を請求されるということはないのでしょう。
所詮、犬は、物として扱われ、提訴で勝ったとしても数万円の賠償ですよ。

獣医師免許が剥奪される訳でも業務停止になる訳でもないです。

多少トチ狂ったオーナーが逆恨みして誹謗中傷を書き立てていると
すれば、時は過ぎていくのです。

木村院長が書かれた記事、何故消されたのでしょうか?

スポンサーサイト
無謀にもRanking参加!押してって
20:58:24 | くま犬
| HOME | 埼玉 越谷 木村犬猫病院のBlogを読み

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

このブログをリンクに追加する

はてなアンテナに追加
MyYahooに追加
Bloglineに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。